トリマーテーブル(製作方法有)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

2006/ 1/ 7 掲載

『ダブテイルジョイント(蟻継ぎ組み)加工が可能なトリマーテーブルを一日で作成する』

・低予算
・ダブテイルジョイントが可能な精度
・タブテイルジョイントによる幅200mmまでの板材の接合が可能
・フェンスとテーブルは帳ナットで固定する

※今回掲載しているのは一般的なトリマーを対象にしたテーブル製作です。
ルーター、複雑なベースプレートを持つトリマーのテーブルは若干製作方法が変わります。こちらをクリック!

完成図

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
手前のゲージは材をフェンスに対して直角に移動させます。ゲージに加工材をクランプで固定し加工していきます。
(2×4材と1×4材で作成しています)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
簡単な蟻組みを試しに行ってみましたが、ぴったりです。

図面

img96b45b7536q8gc

分解図(イメージ)

image

組立図(イメージ)


部材図

■上板 材質: MDF材 厚さ: 4~8mm サイズ:450mm×430mm ■中板 材質: 材質特に指定なし 厚さ: 中板はトリマーのベースプレートと同一の厚さか若干それより厚い程度です。 ■下板 材質: MDF材またはランバーコア材 厚さ: 15~25mm サイズ:450mm×430mm ■詳細 (A): 450mm (B): 165mm (C): 215mm (D): 430mm (G):  30mm

■上板 材質: MDF材
厚さ: 4~8mm
サイズ:450mm×430mm
■中板 材質: 材質特に指定なし
厚さ: 中板はトリマーのベースプレートと同一の厚さか若干それより厚い程度です。

 

 ■下板 材質: MDF材またはランバーコア材 厚さ: 15~25mm サイズ:450mm×430mm ■詳細 (A): 450mm (B): 165mm (C): 215mm (D): 430mm (G):  30mm


■下板 材質: MDF材またはランバーコア材
厚さ: 15~25mm
サイズ:450mm×430mm
■詳細
(A): 450mm
(B): 165mm
(C): 215mm
(D): 430mm
(G):  30mm

 

 材質: MDF材またはランバーコア材 厚さ: 20mmくらい (D): 430mm (E):  70mm (F): 100mm

材質: MDF材またはランバーコア材
厚さ: 20mmくらい
(D): 430mm
(E):  70mm
(F): 100mm

 

分解図(イメージ) 組立図(イメージ)
image1 image11
image21
image4
image31

 

この構造は一見天板 1枚での製作が可能ではないかと思われるかも知れません。しかし天板のみでルーターの重さを支えようとすると天板全体にルーターの荷重が掛かり全体がたわんでしまいます。 それを避けるには相当天板を厚くしないと平面性を維持できません。(図1)

この構造は一見天板 1枚での製作が可能ではないかと思われるかも知れません。しかし天板のみでルーターの重さを支えようとすると天板全体にルーターの荷重が掛かり全体がたわんでしまいます。
それを避けるには相当天板を厚くしないと平面性を維持できません。(図1)

下板を設けることで天板は下板に支えられ、天板がある程度薄くても天板の平面性が保てる構造になります。(図2) (ルーターのベースプレートの面積分の過重に耐えられる剛性があれば良いということです)

下板を設けることで天板は下板に支えられ、天板がある程度薄くても天板の平面性が保てる構造になります。(図2)
(ルーターのベースプレートの面積分の過重に耐えられる剛性があれば良いということです)


天板が薄く出来るということはビットの出し高をより稼ぐことが可能になります。逆に天板が厚いとビットの出し高を稼ぐにはコレットチャックのホールドを浅く噛ませなくてはなりません。その分ビット軸に負担が掛かりやすくなり、ビットが曲がってしまったり、時には危険を伴うこともあるのです。

image8

またルーターの重さによるたわみを回避する方法としてジャッキなどで下から押し上げたり(図3)

ベースプレートに引っかかりがある場合はフックを付ける(図4)ことで支えることも可能です。

ベースプレートに引っかかりがある場合はフックを付ける(図4)ことで支えることも可能です。

 

テーブルの加工

▼ トリマーの内側になるベースプレートを基準に下板に墨つけします。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼ 円の墨線に沿って穴を空ける前に、下板の上にのる予定のトリマーベースプレートを置き、穴を空けてもベースプレートが予定とおり下板に掛かるか確認しておきます。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA
▼ ドリルに自由錘ビットを取り付け円を繰り抜きます。(この円は精度を要求しませんのでジグソー等で空けても問題ありません)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA image2
▼ 綺麗な円があきました。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

中板のサイズを測るため、空いた穴にトリマーのベースプレートをはめ込みます。 はめ込んだベースプレートから下板の端までの長さを測ります。 この際、一方の長さのみを測り、1箇所分の中板を先に切り出します。(四方全てを一回で切り出すことはしません)

中板のサイズを測るため、空いた穴にトリマーのベースプレートをはめ込みます。
はめ込んだベースプレートから下板の端までの長さを測ります。
この際、一方の長さのみを測り、1箇所分の中板を先に切り出します。(四方全てを一回で切り出すことはしません)


▼ 切り出した1箇所の中板を木ネジで固定します。
そしてその固定した中板にトリマーベースプレートをしっかり押し付け、残りの三方の長さを正確に測り、切り出します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

四方の中板を木ネジで固定します。 この際、トリマーのベースプレートが左右にグラツキがないよう確認しながら、固定します。

四方の中板を木ネジで固定します。
この際、トリマーのベースプレートが左右にグラツキがないよう確認しながら、固定します。

上板を切り出し、木ネジで中板に仮止めします。 次に上板の中央に穴を空けるため、ベースプレートにトリマーを取り付けます。 トリマーにV溝ビットなど先端の尖ったビットを取り付け稼動させ、少しづつ上板の中心に穴を空けます。 空いた穴を中心にφ30mmの穴をホールソーなどで空けると正確な中心の位置に穴が空けられます。

上板を切り出し、木ネジで中板に仮止めします。
次に上板の中央に穴を空けるため、ベースプレートにトリマーを取り付けます。
トリマーにV溝ビットなど先端の尖ったビットを取り付け稼動させ、少しづつ上板の中心に穴を空けます。
空いた穴を中心にφ30mmの穴をホールソーなどで空けると正確な中心の位置に穴が空けられます。

次にフェンスをスライドさせるための溝をトリマーのストレートビットを使ってあけます。 (トリマーのベースプレートを外し、再度上板を仮止めし、下板・中板・上板を合わせて加工してしまいます)

次にフェンスをスライドさせるための溝をトリマーのストレートビットを使ってあけます。
(トリマーのベースプレートを外し、再度上板を仮止めし、下板・中板・上板を合わせて加工してしまいます)

テーブルが完成しました。

テーブルが完成しました。

トリマーのベースプレートが上下にガタつきがおきないよう、加工をします。 まず仮止めしていた天板を外します。

トリマーのベースプレートが上下にガタつきがおきないよう、加工をします。
まず仮止めしていた天板を外します。

原理は左の通りです。 下からボルトを差込みトリマーのベースプレートを押し上げ、上板に押し付けます。 この機構を4箇所に施します。 これで完全に上下のガタつきがなくなります。

原理は左の通りです。
下からボルトを差込みトリマーのベースプレートを押し上げ、上板に押し付けます。
この機構を4箇所に施します。
これで完全に上下のガタつきがなくなります。


▼ 今回は下のようなM3のナベボルトと角ナットを使いましたがナットは鬼目ナットでも良いと思います。
P10100251 P10100241

四方に彫刻等などで溝を掘り。角ナットを埋め込みます。 ボルトを回しても角ナットが動かないことを確認します。

四方に彫刻等などで溝を掘り。角ナットを埋め込みます。
ボルトを回しても角ナットが動かないことを確認します。


P10100301 P10100281
▼ トリマーのベースプレートをセットし上板を木ネジで固定します。
image OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下のボルトを軽く締め、トリマーのベースプレートのガタツキがなくなるよう固定します。

下のボルトを軽く締め、トリマーのベースプレートのガタツキがなくなるよう固定します。

 

フェンスの製作

▼ランバーコア材を使ってフェンスを作成します。
正確な直角になるようスコヤなどで確認しながら慎重に固定します。
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フェンスはテーブル上を自由にスライドできるよう蝶ナットなどを利用します。

フェンスはテーブル上を自由にスライドできるよう蝶ナットなどを利用します。

フェンスの位置を調整し、蝶ナットで固定します。

フェンスの位置を調整し、蝶ナットで固定します。

 

簡易マイターゲージの製作

蟻継ぎを行うために必要なマイタゲージを製作します。
構造はいたってシンプルです。2×4材、1×4材を直角に固定しています。サイズは特に指定はありません。
ポイントは
(1) テーブル面に対して直角であること(図1)
(2) フェンス面に対して直角であることです(図2)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これでトリマーテーブルは完成です。

これでトリマーテーブルは完成です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る