風を待って潮干狩り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今日は久々のカイトサーフィンで九十九里の本須賀海岸に行きました。

3月に怪我をしていらい約3ヶ月ぶりのカイトサーフィン復帰です。

この怪我によって一年で最も風が良い3~4月を逃してしまったのは最大の不徳です、、、(^_^;)

とはいえ久しぶりのライディング!

怪我のときのことを思い出すと若干不安もありましたが

気持ちはすこぶるワクワクモードです。

天気は若干雲りぎみ、それでも冬の灰色掛かった空とは違い
雲の隙間から除くそれは真っ青、夏の到来を感じます!

しかし肝心の風は風速測定器で測ってみても、風速2~3m。

通常は5m以上でカイトを楽しみますので、明らかに風量不足です。

自然相手のスポーツなのでここは気長に風が吹くのを待ちます。

風を待っていると近くの乗馬クラブから馬に乗った人たちが海岸線を散歩にきます。

のどかな風景に癒されます。

しかし待てど暮らせど風量があがる様子はありません。

仕方なく季節外れではありませんが

潮干狩りをして時間をつぶしました。

1ヶ月も前であれば業者が沢山いて

この辺りで潮干狩りをしていると怒られたりするのですが

この時期はほとんど貝は取れないため

業者も、他の潮干狩り目的の人もほとんどいません。

案の定それほど獲れはしませんでしたが、

それでも夜の酒のアテになるくらいは確保できました。

結局、今日はライディング出来ないまま海で6時間もの時間を過ごしました(^_^;)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)