インパクト・ドリルを新調

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

インパクトドライバー、ドリルドライバーを新調しました。

マキタの

インパクトドライバー  (TD138DRFX)

ドリルドライバー (DF370DSH)

です。

ここのところ日本メーカーに裏切り続けられ不安ではありましたが、DIYではやはりマキタ製を信頼しこの機種に決めました。

インパクト、ドリルは約20年ぶりの買い替えです。

今回購入した機種はどちらも共通のリチウムイオンバッテリーで使えるもので、バッテリー14.4V  3.0Ahに対応しているプロ仕様タイプのモデルです。

このモデルだと若干値段もはりますが、同じバッテリーで使えるコードレス機の種類が断然増えます。

今後ツリーハウスなどの製作を考えると作業場所によっては電源が取れないような場所もありますので、その際は丸ノコなどコードレスに対応した電動工具が欲しくなるかも知れません。

その場合、バッテリーが一番  値がはりますので共通バッテリーを使いまわせる機器はかえって費用が安く抑えられると考えた訳です。

これまで使っていたニッカド電池タイプのものは、電池に充電された電力を使い切らないうちに何度も浅い充電を繰り返すとメモリー効果現象が発生し、電池の見掛け容量が小さくなり、やがてほとんどバッテリーが持たないという状況が発生したました。

今回購入したリチウムイオンバッテリーは携帯電話などにも使われているバッテリーで、電力が余っている状態で繰り返し充電してもほとんどメモリー効果は発生しないとのことで、非常にバッテリーの寿命が長いのだそうです。

とはいえ今はDIYからも離れてしまっているので、このような工具を頻繁に使うことも少ないのですが、道具を充実させるのも趣味の一つの楽しみなので自分の中で良しとしました  (^-^)



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)