セーリングカヤック製作#03

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カヤック製作では家具と違い直線はほとんどなく、部材の多くがカーブで構成されているものがほとんどです。

そのためカンナも通常のものではなくカーブ(凹)に対応するため反りカンナを購入しました。

これが今回購入した反りカンナです。

割と小さめです。

さてその実力はというと買って刃研ぎをすることなく使ってみましたが、それでも結構使えます。

写真では直線に見えますが微妙に凹曲面になっています。

このくらいの微妙なカーブでも通常のカンナでは加工ができません。

ご覧の通り、墨線通りに加工することができました。

同様に全ての部材を加工して行きます。

本日の作業は各部材をカンナで本仕上げして行きましたが非常に地味な作業のため

写真は以上です。

しばらくこの地味な作業が続きそうです。

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)