カイト・ラインマウントホルダー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

カイトサーフィンの撮影に使っているアクションカメラ

カシオのFR200です。

カイトサーフィンを撮影する際はいつもこのカメラで撮影しています。

img_6879.jpg

これまで自作で下記の位置に取り付けていたのですが、被写体から近すぎたため

もう少し上の位置から撮影したいと思っていました。

1c2805e4-0085-49fa-a900-be1e5e872dca.jpg

ただこれより上の位置からの撮影となるとカイトのラインしかない。

そこでインターネットを調べてみると

GoProのアクセサリーキットで「カイト・ラインマウントホルダー」なるものがあるではありませんか!?

Kite-Line-Mount-Holder-font-b-Kiteboarding-b-font-Installation-Seat-for-Go-Pro-Hero-4

カイトラインマウントホルダー

これはカイトのラインにカメラを取り付けることが出来る専用のアタッチメントです。

このようなニッチな市場用に専用のアクセサリーキットを出してしまうなんてGoProさん凄い!

ということで早速購入してきました。

私の使っているカシオのFR200に取りけるためには、更にいくつかアタッチメント必要になり

それらも一緒に購入してきました。

img_6878.jpg

でこれらを組み合わせてみるとこんな感じです。

img_6880.jpg

非常にゴツい感じです。重さもそこそこあります。

カイト自体は人間を引っ張るくらいパワーがあるのでこのくらいの重さは問題はないのですが

このプラスチックをラインに取り付けることでラインが弱くならないかとその点が心配です。

取り付け方としてはラインを通す位置にラインを通します。ただこれだけだとそのままスルスルとしたまで落ちてきてしまうので、下記の写真のように(見づらいですが)ラインを一周回すことでラインの途中に固定することが出来ます。

img_6884.jpg

ところがこのプラスチック裏側が写真のようにカッチリ角があり、

ここにラインを巻きつけてしまうと、ラインが一気に弱くなりそうです。

 

img_6886.jpg

そこでヤスリを使って面取りしました。

img_6887.jpg

こんな感じです。

img_6889.jpg

カイトラインを長持ちさせるためにはあまり常時取り付けないほうが良いかも。

img_6881.jpg

それでも絶妙な距離の良い写真が撮れました。

cimg3680.jpg

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)