篠山紀信展 ~写真力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

img_6586.jpg

仕事で横浜みなとみらいに行ったついでに「横浜美術館」によってきました。

img_6588.jpg

「篠山紀信展~写真力」が行われており、ジョンレノンとオノヨーコの有名なキスの写真に惹かれ予定にはなかったのですがちょっと寄り道です。

img_6587.jpg

意外だったのが
「老年女性を撮らえた写真が非常に美しかったこと」

一番最初に展示されていた
「金さん、銀さんの笑顔の写真」

肉体―美とエロスと闘いという展示室に掲載された
「樋口可南子のヌード写真」(これは老年ではないですが、、、)

東日本大震災で被災された人々の肖像の展示室の
「1枚目に掲載されたお墓の前で撮影された老年の女性の複雑な表情の写真」

そのどれもが、とても美しく印象に残りました。

また掲示されていた篠山紀信の言葉で

「虚構と現実のはざまにリアリズムが見える」といった内容の言葉も非常に印象的でした。

いわゆる写真集用の写真ではなく一般者やスポーツ選手等の動きをとらえた写真を見て

時間の流れで変わっていく人の一瞬の表情を切り取ることによって

その微妙な表情から普段意識して見ることのない人の生活や心情など裏側が

見れたような気がしてなぜか切ない気持ちになりました。

出展数は少なかったのがすが、今まで芸術として意識することが少なかった写真に、少しその親近感を感じることが出来た写真展でした。

img_6585.jpg



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)