カイトバーにカメラ取付簡単DIY

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

先日カイトサーフィンでカメラの設置位置が近すぎてうまく撮影できなかったため、簡単DIYでカイトのコントロールバーにカメラ(カシオEX-FR200)を取り付け直しました。

今回はコントロールバーの少し上に位置するこの箇所(以下の写真)にカメラを取り付けようと思います。

9cd24ce8-8589-4d39-a257-3755e72539e0.jpg

ホームセンターで、取り付けるための金具類を調達するにあたって簡単に各箇所の寸法をメモしていきます。

カメラは逐次簡単に取り外しできるよう一般的なカメラスタンドと同じ規格のボルトネジ(W1/4Inch)を使った構造にしました。

購入してきた材料は以下の通り。全部で約800円です。

87e8074f-b510-4f3b-8449-4388c9f7416e.jpg

 

また100円ショップで売っている簡易なカメラスタンドを分解して部品として利用します。

c32d25ca-e941-4ef6-bafe-dd44f72995fd.jpg

いくつかの種類のスタンドがありましたが、バッチリ期待通りのものがありました

62352634-bd86-4ba8-a491-935a117b88ac.jpg

カメラスタンドを分解し、右側の部品だけ使います。

 

さて今回の用途ではカメラ取付用のボルトネジ(W1/4Inch)は非常に重要です。

なぜならこのボルトには海で大きく振られたりすると非常に負荷が掛かり、折れてしまうことがあるからです。

そのため、鉄(ユニクロ製)の安いボルトではなく、より強度があるステンレス製のボルトネジにしました。

0fe1746c-de08-4b74-9cae-d2f8eab17d56.jpg

上記写真の下の部品もステンレス製にしました。

中央の穴がカメラ取付用のボルトのサイズより少し小さかったため、金属用ドリル(ボール盤)を使って穴を広げました。(中央の穴)

ボルトを差し込んでみると、ピッタリ収まりました。

5e8e3df8-36cc-4539-a412-de0471553587.jpg

ここに100円ショップで購入したカメラスタンドから取り外した部品を取り付けてみます。

5f59f7ac-c502-4d19-b7f8-bf3de58004f3.jpg

バッチリです。

後はもう一つの金具でコントロールバーをサンドイッチにして挟み、ボルトネジで固定します。

3e493e60-46f5-4477-8a6f-3b0e881fb7b4.jpg

この時、ボルトと対になるナットは緩みづらいストッパー付きのナットにしました。

海の波やカイトの大きな振動ではナットが緩む可能性があり、サーフィン中に外れて事故を発生してしまったり、高いカメラを無くしてしまう可能性があるからです。

2df9360a-d5fd-4c6e-be45-3af89c7a06c9.jpg

完成しました。いい感じです。

5f0b7e2c-93f6-4de3-b2d1-94c50a9fd086.jpg

ではここにカメラを取り付けてみます。

以下はカメラとカメラに付属していた取付用ナット。

2a3e70c3-f9a9-44f0-b79e-3cd8d301cea5.jpg

カメラをボルトに差し込み、取付用ナットで固定します。

76b91d55-24b2-4105-a61b-fbabfd69cd3f.jpg

カメラ取付ナットで固定してみました。

このナットでガッチリ固定されます、またいつでも簡単に脱着出来ます。

1c2805e4-0085-49fa-a900-be1e5e872dca.jpg

しっかりコントロールバーにカメラを固定することが出来ました。

39691f35-8bfe-4819-8ade-70804243f927.jpg

f9c91fc3-e05d-4d0a-a701-3eb2516bb55e.jpg

これで今度は良い写真が撮れるでしょうか?

乞うご期待!

 

 

 



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)