会津に車中泊旅(1)〜湯ノ花温泉

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お盆休みを利用して会津まで2泊3日の車中泊旅に行ってきました。

今回も計画なし、気の向くままの流浪の旅になりました。

一日目

image

宇都宮餃子館

朝10:00に千葉を出発し、会津に向かいしました。途中で12:00近くに混雑してきたため、昼食を兼ねて、餃子で有名な宇都宮で餃子を堪能しようと東北道を途中下車しました。
宇都宮市街に行けば餃子店が多くあるだろうと宇都宮駅を目指して進みましたが駅に到着してみると餃子店をなかなか見つめることが出来ませんでした。
仕方なく車を停車させスマホで宇都宮餃子店を検索すると東口のイベント広場に「宇都宮餃子館」なるもの見つけここで食事をすることに。
宇都宮餃子館にて「12種餃子」なる様々な具が入った餃子セットを頼んでみましたが
感想は、、、微妙でした。やはり東京は美味しいものが多いなと思いました。

 

もみじ谷大吊橋

食事のあと下道を通って湯の花温泉に向かいました。
途中、道の駅を確認しながら今日の寝床を探しながら走っていました。
すると「もみじ谷大吊橋」の看板が出てきましたので、寄ってみました。

竜化の滝

湯ノ花温泉

今日の目的地であった「湯ノ花温泉」に到着。ここには全部で4つの共同浴場があり、全て木造の古いオモムキある建物で、地元で運営されている共同温泉。地元の人たちや観光の人など多くの人達によって利用されている温泉です。
200円の1日券で4つ全ての温泉に入ることが出来ます。
その中でも最も人の少ない「石湯」を選んで温泉に入ると期待通り誰もおらず、その代わり罰ゲームかと思うほど熱い湯で、水を前回で温度を薄めて入っても3分と入っていられない状況でした。
わたしが入ると間もなく地元のお爺さんとお婆さんが入ってこられ(混浴だった)、「ここで洗っちゃーだめだよー」「ここで靴脱いじゃあだめだよ」「◯◯さんが見たら絶対怒られるよ(◯◯さんって近所の人らしい)」など、何の案内もないにも関わらず地元のルールで怒られたりしましたが、これも旅の楽しみ。
このような地元の人たちとのコミュニケーションも楽しみの一つです。

 

しらかばキャンプ場

さて今日の宿泊場所ですが温泉近くに道の駅もしくは公園を探してみると「しらかばキャンプ場」なるものを発見、温泉に入る前に下見し本日の宿泊場所決定!

車中泊場所として重要視しているポイントは
「宿泊場所が温泉から近いこと」

理由は温泉からあがった後に早い段階でお酒(冷たいビール)が飲めるためです。

さらに食事を自炊ではなく外食するとなると、食事でアルコールを飲んでしまうと宿泊場所まで車での移動はできませんので、温泉・食事・宿泊場所が極力近いとベストです。

今回はシンプルにキャンプ場でパスタを湯がいて食べることにしたので、温泉と宿泊場所が近いこのキャンプ場に決定しました。

 

今日は車中泊で一夜を過ごしました。

----- 一部非表示 -----


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)