自由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最近、頓に「自由」の恩恵を感じ、感謝しています。

 

サラリーマンの時

制約やルールのある一見自由とは真逆とも思える

組織の中で多くの学びができました。

ひとりでは出来ない大きな仕事を通じて

専門的な知識を学び

いろいろな人との接点から

争い傷つき、傷つけ、

人間関係の喜びを感じながら

多くを学んだ「学びの自由」

 

そして

40歳のときに脱サラし

自らのビジネスを立ち上げ

1年半、まったく稼ぎのない苦悩を通じ

多くの人に助けられながらも

なんとか生活をしていけるまでになった

「職業選択の自由」

 

そして今、

50歳を目前に控え

今後の人生をどのようにしていくべきか考えている

「人生終焉の自由」

 

自由という言葉には明るい未来を感じます。

しかし一方で

大きな決断やリスクも伴います。

 

今わたしは事業をたちあげ

充実した毎日を過ごしていますが

課題や悩みがないわけではありません。

 

しかし

若いときに自分を過大評価し

組織や人に抱いていた不満など

振り返ってみると、その全ては

「自分の中だけの小さな問題」だったと思えます。

自分だけでどうにでも消化できるものだった

と疑いなく言えます。

 

そして今、自分が抱えている

「課題と思っている」ことも

きっと

「自分の中だけの小さな問題」なのでしょう。

 

不満や問題のない環境などないのです。

 

むしろ

制約やルールの中にこそ

自由というものが存在していると思っています。

もし何も制約がない世界があったとすれば

それはとても空しく

生き甲斐のない世界だと思います。

 

困難があり、その困難を乗り越えるからこそ

「やりがい」や「生きる意味」を感じるものだと思います。

 

そして

その困難のある「道」を自ら選択し、決断していくことで

はじめて「自由を実感できる」ものだと思います。

 

つまり自由も未来も喜びも

全ては自分の次第

自分の考え方・行動次第

ということですね。

 

これからも自ら進むべき道を選択し

得られる困難や出会いのすばらしさ

を味わいながら

自由を満喫していきたいと思います!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)