決断と受容

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人生には何度となく
選択や決断に迫られることがあります。

ときには自分がくだした決断によって
好ましくない結果を生むこともあるかと思います。

しかし自ら決断したものについては
後悔することなく
その結果を受け入れる必要がある
と思っています。

自分出した決断によって生じた結果を
受け入れることが出来れば
それが、良いものでも悪いものでも
必ず次への教訓になると思うからです。

しかしそのような考えとは裏腹に
結果が自分の期待通りにならなかったときなど
わたしは多くの場合
その決断を回想し、悩みます。

あの時の決断は正しかったのだろうか、、
もしあの時べつの道を選んでいたら、、

もちろん別の道を選んでいたとしても、
良い結果になったとは限りません。

これは決して後悔ではないのですが
この回想し、悩み、振り返ることによって
その決断・その選択に
考慮すべきだった点や
欠けていた点など
課題に気づくことができます。

振り返ることによって
それが間違いだと気がつけば
決断の過ちをみとめ
かっこわるくても、恥ずかしくても
そこで修正し、
またそこからやり直します。

もちろん修正の効かないものも
多々ありますが
決断できる
悩むことができる
やり直すことができる
それが人生、それが自由ということですね。

この先の人生で何度、そのような選択を迫られるでしょうか。
不安もありますが、
その都度「悩み」「考え」「結果を受け入れ」ながら
決断していきたいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)