FRPでプラスチックを作ったよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

この3連休は妻の実家に帰省しています。
という訳で3連休最終日の今日は、その実家より日記を書いています。
今日は妻の兄が最近手がけているキャンピングカーの製作を見学に行ってきました!

このキャンピングカー、全長6m以上の大きなマイクロバスで、今はまだ新車で購入し、中には何にもない状態。それでも既に窓は全て鉄板で塞がれており、内装は全てはがされ鉄板剥き出し状態のところを、所々床の鉄板が切り取られ、そこに水の排水口やエアコン収納庫などを、鉄を溶接しながら作成していくといった作業を行なっています。
非常にこだわりの義兄は、この限られたキャンピングカーのスペースを出来るだけ切り詰めて利用するため、厳選した部材を個々にオーダーし自分で取り付けるため電機から鉄工、木工あげくの果てにはプラスチックボックスまで自作しているのです。

それを見ていた手作り大好き人間の私としてはいてもたってもいられず、一緒に遊ばせてもらいました。
今日始めて体験したのはFRPというもの。FRPとは、Fiber Reinforced Plastics の略で、Fiber=繊維、Reinforced=強化された、 Plastics=プラスチックのことだそうで、
化学繊維をプラスチック樹脂に混ぜてかためることで作られる、より強度を高めたプラスチックだそうです。

私はお遊びで空き缶の底の形状に、FRP樹脂を流しこみプラスチックを作ってみました。
手順は意外に簡単!
まず最初にプラスチックとなる樹脂(液体)に硬化剤(液体)を約3%の割り合いで混ぜます。すると片栗粉を混ぜられた水のように徐々に粘り気を帯だし約1~2時間後にはカチカチに固まってしますのです。
ただこの樹脂だけでは強度が弱いため樹脂に春雨のようなグラスファイバー繊維を混ぜ込み固めます。
すると非常に強度のあるプラスチックが簡単に完成するのです。

この工程で、何が難しいかといえば作りたいものの型を予め作成することだそうです。
今回はお遊びで空き缶をそのまま型として使いましたが今度は是非つかえるものを作ってみたいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)