人をひきつける話し方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

セミナーなどに出かけると話のうまい人
面白い話が出来る人がいます。

そのような人は非常に短い時間の中に
興味の湧くあるいは
意味のあるキーワードを
盛り込んでいるといいます。

『声に出して読みたい日本語』の著者で
知られる齋藤孝氏は
この長さを15秒と言っています。

15秒はコマーシャルの長さと同じで
この長さの中に
どれだけ意味のある内容をこめられるかで
その話が面白いかどうかが
決まるということのようです。

普段の会話にこの15秒のを意識して
会話することは出来ませんが
自分の事業の説明や
人から頼まれたスピーチなどには
参考にしたいポイントです。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)