自分の得意分野を活かす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

わたしは新しいこと、創造することが
とても好きな正確です。

一方で地道ま繰り返し作業や
創造性のない仕事は
あまり得意ではありません。

繰り返して同じ作業を1時間でも
行わなくてはならないとなれば
何とか自動化できないか?
何とか楽しくならないか?
と考えてしまいます。

学生時代には様々なカンニングシステムを
作って周りの友人を驚かせました。
友人に言わせるとそれだけの時間を掛けて
そんなものを作るのであれば
覚えたほうがずっと早いと笑われましたが
わたしとってはテストの時だけのために
暗記をするということが
非常に無駄に思えてしかたがありませんでした。

これは決して褒められた行為ではありませんが
自分のそのような性格を認識することで
その性格が
ほかの人に価値を与えられることに
気づきました。

「課題を洗い出し解決策を考える」
これが私の得意分野です。

人それぞれ得意な分野は違います。

誰もが自分の利点・欠点を知り
自分の得意なフィールドで
社会に貢献することが出来れば
誰もストレスなく、皆が幸せな生活をおくれるのではないかと思います。

そのような社会になれば良いと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)