プロフェッショナルとは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

プロフェッショナルの仕事というのはどのようなものなのか時々考えます。

長年仕事をしていると、色々なビジネスパートナー様と一緒に仕事をする機会が多くあります。

その都度この『プロフェッショナルとは』というキーワードを考えてしまいます。

お客様のために満足いただけるアウトプットに拘る会社様。

自社の利益や工期を前提にお客様の満足をおざなりにしてしまう会社様。

様々な会社(あるいは自社)とお取引しましたが、わたしは次のように考えます。

『お客様に120%満足いただけるアウトプットを、自社の利益を確保しつつ迅速に提供できること』

つまり「質」と「お金」、「時間(スピード・工期)」の3つのバランスが取れていること。

これがわたしの考えるプロフェッショナルです。

残念なケースでは

「そんなにリッチな仕様にしたら予算オーバーです」

「期日以内に出来ません」といった声を聞きます。

当然プロである以上予算や工期を保つことは最低条件です。

しかし一方で、より良いプランを提示するための別の手段や方法を突き詰めて検討する努力を怠っているように思われるケースが非常に多い気がしてなりません。

その代償がお客様に降りかかっては決して許されないのです。

プロフェッショナルになるには常に、現状の知識レベルに満足することなく自らのレベルを貪欲に向上し続ける努力を怠らない人格が必要だと思います。

大前研一氏が書いた『ザ・プロフェッショナル』では

「専門性の高い知識とスキル、

例外なき倫理観はもとより、顧客第一主義、

あくなき好奇心と向上心、そして厳格な規律

これらを兼ね備えた人材」

と定義しています。

そして常に勝ち抜いている企業は

このプロフェッショナルの意識のもと

「質」と「お金」、「時間(スピード・工期)」の3つのバランスが取れたサービスを提供し続けていると思います。

吉野家の「早い、安い、うまい!」まさにプロフェッショナルの3種の神器です!!

わたしもあくなき好奇心と向上心を失うことなく、3種の神器を提供できるプロフェッショナルになりたいです!!



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)