小さなメモ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

成功法則のひとつに夢や目標を紙に書いて、いつも持ち歩くということを良く聞きます。

だからという訳ではないのですが、わたしもいつも胸のポケットに小さい手帳を持ち歩くことにしています。

それは思いついたアイデアや、気づいたことを忘れないために携帯しているのですが
直ぐメモが出来るところにあるというのが非常に重要だと思っています。

それはちょっとしたアイデアが浮かんだときなど、直ぐにメモをしておかないと忘れてしまったり、
覚えていたとしても、後になってしまうとその時感じた思いなどがうまく表現できなかったりするので
そういったことを防ぐをいう意味がひとつです。

また携帯することで記載した内容をいつでも読み直せるという意味でも非常に重要だと思っています。

私は携帯するメモ帳にアイデアや目標、今日あった出来事、共感した言葉、気になった本の名前など、、何でも前後の脈絡を無視し、発生した順に記載してしまいます。

それは分類を考えたりするより、まず感情のままに記録してしまいたいということなのですが、

これが後から見直したときに、自分の思考がどの方向にアンテナが張られているのか、自分が何に関心があるのかを客観的に?知ることが出来るのです。

もちろん自分が興味があって意識してメモをしている訳なので、客観的にという表現はおかしいかも知れません。

ただ自分が特定の興味のある事柄に関連する情報だけを抜粋してメモしているのではなく、自分が素直に面白いと感じたものをメモしていった結果

自分でも意識していなかったような、大きな方向で情報が固まり感を持ってくるのです。

これは自分が潜在的にその分野に興味があるということだと思いますが、それがきっかけとなって自分の目標を再認識できたり、自分の方向性を改めて修正したり
ということにもつながるため、わたしはこのメモの取り方が気に入っています。

これからも小さなメモを続けていこうと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)